フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

北陸三県跨ぎ撮り(3)

 

遠行雑記-278


 

 さて、富山県は高岡市の古城公園の花見も早々に切り上げ、北陸自動車道を一気に西進してやってきたのがここ。 石川県の名園 『兼六園』 です。 🚗

 桜の花は…残念ながらまだまだ莟が多いようです。 👀

4133__001

 

 兼六園といえばこの構図をよく見かけますよね。 この灯篭は 『徽軫灯籠(ことじとうろう)』 というそうです。 琴の弦の張りの強さや音程を調節するための琴柱(ことじ)に形が似ていることからそのように呼ばれているそうです。😃

4134__002

 

 桜の咲いている場所はどこもガイジンさんに占拠されています。😞

4135__003

 

 本当に…。多いの。おまけに声がでかいのよネーこの人たちって。😖

4136__004

 

 この人たちに日本の庭園美が分かるのかしら? 😞

4137__005

 

 例えばこの。 しげしげと眺めているのはこの爺ィだけですよ。

 「わかんねえんだろうなぁ。この良さがサ~ 😞

4138__006

 

**************************************************

 

 そんなことで兼六園での花見は思いのほか期待外れでしたので、隣の 『金沢城公園』 に移動することにしました。 👟

4139__007

 

 金沢城公園は道路を挟んで兼六園の北側に位置する広い公園です。 兼六園が入場料を取るのに対し この公園は無料です。無料! よいですな~タダって。感無量です。😃

4140__008

 

 日本のお城って本当に品がありますね。😃

4141__009

 

 石でできたお城しか知らない西洋の人たちにこの木造の良さが分かりますかネー。😞

4142__010

 

 「桜だけ観てりゃいいってもんでもないんだヨ。日本の城には見るべきところが山ほどあるんだ…」

4143__011

 

 などどぶつぶつ言いながら人通りの少ない遊歩道を歩き続けるG爺でした…。 👣

 
 

桜の景色は撮れなかったわけネ? (~o~)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年4月25日 (木)

北陸三県跨ぎ撮り(2)

 

遠行雑記-277


 

 さて、新湊 『きっときと市場』 で新鮮な海の幸を堪能し、万福な満腹を抱えてやって来たのはここ高岡市。 🚗

4123__001

 

 車で30分ほど移動した高岡市街地の真ん中にある『高岡古城公園』 です。

4124__002

 

 ここは 『富山さくらの名所』 のひとつです。 😃

4125__003

 

 前田利長が築いた高岡城の跡が公園として開放された所です。 🎠

4126__004

 

 町の真ん中で東京ドーム4倍以上の広大な面積を占め、自然とともに博物館や動物園なども併設した都会のオアシスです。 😃

4127__005

 

 ここのところ寒さが戻っているせいでしょうか、四月初旬のこの時期にも拘らず満開までにはまだ時間がかかりそうです。 😞

4128__006

 

 全部咲いたらきれいでしょうネ。 😃

4129__007

 

 それでも陽当たりの良い場所では花見ができそうです。 🎶

4130__008

 

 少しずつ人も集まって来ましたヨ。 👀

4131__009

 

 お店の入り口近くにこんなものが… 😃

4132__010

 

 どうも「開運」とか「金運」とか言う言葉に弱いんですが…今回はお賽銭はパスします。 思えば今年に入ってからも行く先々の神社仏閣で何度お祈りしたことか…誰も億のお金を当ててとは言ってないんですがね~。

 「一千万、イヤ百万でいいんだよナ~  😖

 

これまでの賽銭はン万円になるのかノォ。 (^_^;)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年4月22日 (月)

北陸三県跨ぎ撮り(1)

 

遠行雑記-276


 

 沖合から漁を終えた漁船が戻ってきたようですよ。 👀

4112__001

 

 よく見れば船の周りにはたくさんのカモメが…。 大漁だったんでしょうかネ。

4113__002

 

 気がつけば私が乗る船の周りにも…?

4114__003

 

 な~んだ。 船の後方で係員さんが空に向かって餌を投げてますよ。 観光船の呼び物だったんですね。 😃

4115__004

 

**************************************************

 

 やって来たのは富山県 『新湊(しんみなと)』。 遊覧船に乗って春の日本海に乗り出してみました。

 遊覧船は 『海王丸パーク』 に到着。 停泊しているこの船がまさに『海王丸』。 商船学校の練習船として永く活躍した帆船で、現在は海洋博物館となっています。

4116__005

 

 富山湾は 『世界で最も美しい湾』 だそうですよ。 何かここにもハートのモニュメントがありますが… 💕

4117__006

 

 やっぱり! 恋人の聖地ですヨ。 もう~、ご自由にどうゾッ。 😵

4118__007

 

 しかし、冬に戻ったかのような寒さのせいで、人影が全くありません。 👤

4119__008

 

 東京では桜も散りかけるほどの陽気なんですが、こちらはまだまだですね。

4120__009

 

 海王丸の海洋博物館もガラガラでゆっくり見学できることでしょうけれど…、今は勉強よりもやりたいことがあるんです。💡

4121__010

 

 これこれ! 『きっときと市場』 で、まずは本場の新鮮な海産物を堪能しましょうヨ。🍴

4122__011

 
 

正午まではあと一時間もあるゾ。(-_-メ)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年4月19日 (金)

何見に来たの?(3)

 

遠行雑記-275


 

 さて、ひょんなことから「花見」「雪見」を同時に味わう好機に恵まれたわけですが、せっかくの機会なのでもう一か所だけ寄り道をすることにいたしました。 その場所は沼田城址公園を離れて1時間ほど車で南下した 『前橋市』 にあります。🚗

 

*******************************************************

 

 距離にして40kmほど南下しただけあって沼田市ほどではないものの、みぞれまじりの冷たい雨が降るこの場所は 『前橋公園』 です。

4105__001

 

 実は県内でも人気のある桜の名所です。 😃

4106__002

 

 近くにある土手はかつての前橋城土塁の一部であって、200本ほどのソメイヨシノが並木になっています。 🎄

4107__003

 

 群馬県は 「鶴舞う形」 だそうですが、この 『幸の池』 もその形に作られ、シンボルの鶴の像が飾られています。

4108__004

 

 あちらの方になにやら立派な門が見えますが… 👀

4109__005

 

 これは 『臨江閣(りんこうかく)』 で、明治の初めに迎賓館として建てられたそうです。 😃

4110__006

 

 もう、指がかじかんでシャッターも押しにくいくらいです。😖    早く帰ってアイツをキューッとやりますかネ。🍸

4111__007

 
 

途中でやってはいかんゾ。 (^^;)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2019年4月16日 (火)

何見に来たの?(2)

 

遠行雑記-274

 さて、ヨレヨレ爺ィの日頃の行いの良し悪しについてはともかく、今日の天気は一向に良くなる気配がありません。 しかし、ものは考えようということもあります。 これまで雪の日に外で写真を撮ることなど殆どありませんでした。 寒がり屋の爺ィには実に億劫なんですよ雪の日なんてネ。
 というわけで、本当にこんな機会はめったに無いので、近くにある別の観光スポットを訪ねることにしました。 🚗

 

*******************************************************

 

 発知のヒガンザクラから再び沼田市街に移動して参りました。
 目当ては 『沼田城址公園の桜まつり』 です。

4097__001

 

 この公園のシンボルとも言うべき 『鐘楼』 です。 😃

4098__002

 

 『桜まつり』 は、… やっぱり今日はお休みでしょうネ。 😞

4099__003

 

 実はこの公園に立派な桜があるのです。 👀

4100__004

 

 この木は 『御殿桜』 と呼ばれています。

4101__005

 

 ピンクの花びらも真っ白な雪に覆われてしまいました。

4102__006

 

 「でもいいじゃない? こんな風情もめったに味わえないヨ 😃
 と、前向きなことでも言ってみたくなるような冷え込みです。

 

 ここでは温かい食べ物にもありつけません。 🍴

4103__007

 

 「また来るよ。風邪ひかないでネ。鐘楼さん 😃

4104__008

 
 

ヤケに素直で気色悪いノォ。 (~_~;)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2019年4月13日 (土)

何見に来たの?(1)

遠行雑記-273


 

 久々に用事が出来て群馬県は 『沼田市』 在住の知人を訪ねることになりました。 その晩は互いに楽しく酒を酌み交わし、私自身はほろ酔い気分で町中の宿に一泊しました。 💤

 沼田市といっても普段はこれといった観光地など思いあたりませんが、一年のうちでこの時期だけは特別な見どころが有り、実はそれを楽しみにやって来た次第でもあるのです。

 

***********************************************

 

 「さあ、いざ観光へ! 😃
 と意気込みは旺盛でありましたが…、なんと翌日の天気はこのとおり…。 👀

4090__001

 

 右を見ても…

4091__002

 

 左を見ても雪だらけ
 四月も中旬に入ろうというのに…これはもう立派な冬景色ですヨ。 😞

4092__003

 

***********************************************

 

 「まったく! どーして今日に限って雪なのヨ。 もしや日頃の…?…イヤイヤそんなはずは無い…ブツブツ 😖
 それでも降り積もるボタ雪にめげずに前へ進むと高台に立派な木が見えてきました。 👀

4093__004

 

 立派な桜の木。 そう、実はこれがお目当てでした。 沼田市街から10kmほど北上した田園風景の中にあります。

4094__005

 

 これは 『発知(ほっち)のヒガンザクラ』 です。 樹齢500年、高さ15m、枝張り22m の大きな桜の木で、例年ならほぼ満開でもおかしくはないそうですが、今日の枝には雪の花ばかり…。 😞 どうやら花見ではなく 『雪見』 になってしまいました。

4095__006

 

 まぁ、いいじゃないですか。 雨でも晴れでもよい景色のことを 『雨奇晴好』 というそうですが、これぞ  『雪奇晴好(せっきせいこう)』 とでもいうべき新語の境地ですヨ。 😃

4096__007

 

 「今度は晴れた日にまた来るからネ 😃

 
 

日頃の行いには触れんのかィ? (~o~)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2019年4月 9日 (火)

越後へGo!其の弐(3)

 

遠行雑記-272


 

 さて、鴨…イヤ、白鳥の名所 『瓢湖』 を離れ北上すること1時間、新潟県最北かつ最東の都市 『村上市』 にやって参りました。🚗

4081__001

 

 街並みの中に何やら老舗らしき建物があります。👀

4082__002

 

 店の軒先にはこんなものが…。 😠

4083__003

 

 そう、ここでは鮭を加工販売しています。💡
 市内を流れる 『三面川(みおもてがわ)』 に遡上する鮭がこの町に富を与えています。  この鮭の文化は遡ること1000年も前から続いており、この地の鮭は 『千年鮭』 と呼ばれているそうです。

4084__004

 

 店の奥に入るとさらに驚きます。 😵

4085__005

 

 (オイ見ろよ薄汚い爺ィがやってきたゾ)

4086__006

 

 (このジィさんたら私の大きく開いた胸ばかり見て、もう、イヤラシイ!)

4087__007

 

 (俺たちゃお前にとっては高根の花。 どうせ買えないんだからとっとと帰んな!)

4088__008

 

 確かに。 年金暮らしの爺ィには手がとどきませんが…。

4089__009

 

 「でも、美味いんだよねコイツ。 一切れあれば飯二杯は食える 『塩引き』『粕漬け』。 飯の上にイクラスジコをのせてガツガツと頂く…。 酒の肴にゃ 『生ハム』『塩びたし』 なんていう乙なものもありますヨ…。  ああ、もう、帰ったら近所のスーパーの特売を漁ろうっと!」 💨

 
 

高価なおかずはサケたほうが良いゾ。 (^_^;)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2019年4月 6日 (土)

越後へGo!其の弐(2)


遠行雑記-271


 

 さて、出雲崎町を離れて1時間半ほど北上し、有名ながらこれまで来たことのない場所にやって参りました。 🚗

4072__001

 

 ここは新潟市の中心部から東におよそ20km離れた人造湖 『瓢湖』 です。 😃

4073__002

 

 瓢湖といえば数千羽の白鳥が飛来する湖として有名です。

4074__003

 

 が、…白鳥は? 👀

4075__004

 

 どうやらもうシベリヤに帰ってしまったようですね。 😖

4076__005

 

 君らを相手にするしかないカモ…。 😞

4077__006

 

 ここにはアヤメ園もありますが…、

4078__007

 

 当然、咲くのはまだまだ先のことですね。 😖

4079__008

 

 クジャク舎がありますよ! 😃

4080__009

 

 しかし寒くて姿を見せてくれません。 😞

 今回はどうもハズレ感がある旅ですが…、まぁいいでしょ? 白鳥もクジャクもアヤメも、また次に会える機会を残したと思えばね。 すべて次回のお楽しみっと…ハハハ

 
 

眉間に皺が寄っておるゾ。 (~o~)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年4月 3日 (水)

越後へGo!其の弐(1)


遠行雑記-270


 

 昨年(2018年)の秋、越後の旅として八海山弥彦山笹川流れ等を巡って本ブログに 【越後へGo!】 として記録いたしました。
 本編ではその続編として前回訪問できなかった越後の観光地を中心に記録いたします。 😃

 

*****************************************************

 

 東京ではそろそろ開花宣言が出されるという三月中旬、新潟県は三島郡 『出雲崎町』 の海岸に参りました。 🚗

4059__001

 

 今日の日本海は開花宣言どころではなく、時折みぞれの混じる強風が吹き荒れておりました。

4060__002

 

 ここへ来た目的はこれ…。 👀

4061__003
 

 海岸に立つこの物体です。 💡

4062__004
 

 実はこれは 『夕凪の橋』 と呼ばれる木製の橋です。 😃

4063__005
 

 長さは120m。 岸から真っすぐに日本海に伸びています。

4064__006
 

 ここから見る夕日は絶景だそうですが…、

4065__007
 

 この天気では夕日どころではありません。 😞

4066__008
 

 「くーっ! 寒いっ!」 風は横殴りです。 😠

4067__009
 

 ここは別名 『恋人たちの橋』 だそうです。 💕

4068__010
 

 二人で永遠の愛に鍵をかけたわけですナ。 💓

4069__011
 

 でもこれが悪夢の始まりかも知れませんナ…。 💔

4070__012
 

 橋の袂に少年の像がありますが、これは幼い頃の 『良寛』 だそうです。 この地の生まれだそうで近くに 『良寛記念館』 がありました。

4071__013
 

 良寛さんは子供好きだから大人のドロドロした感情はお好きではないでしょうネ。 😃

 
 

爺ィの嫉妬心もドロドロではないのかノ? (^_^;)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »