フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

(続)童心に返って(3)

 

閑話放題-87


 

 おとぎ話から飛び出たような 『きのこの家』 を出てあらためて公園の中を見回すと…。 ほら、向こうに面白い形の何かが見えますヨ。 👀

4347__001

 

 これは小川に架かる小さな橋ですね。 身を屈めて渡ってみましょう。 👣

4348__002

 

 こういう状況で「ワッ!」と叫んだり指を「パチン!」と鳴らしたりする人がいるでしょ?
 私?
 やらないはずが無いでしょ? 😃

4349__003

 

 中腰がきつかったけど…、無事通過しました。

4350__004

 

 山に続く木道。 子供の冒険心を掻き立てます。

4351__005

 

 遊歩道は涼しくて良いですが…、

4352__006

 

 ハチには充分注意しましょう。 😖

4353__007

 

 スナフキンに逢えそうな小屋がありますヨ。 👀 💡

4354__008

 

 当然入ります。 👣

4355__009

 

 中から見るとこんな感じ。 ずーっと眺めていたいなぁ。 😃

4356__010

 (後ろで小さい子が中に入る順番を待ってるんだけどね。 しゃーない代わってやるかぁ?) 😃

 

 この公園。なかなか良い雰囲気で上手な設計だと思いませんか? 

4357__011

 
 

子供ファーストじゃないのかノ? (~_~;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月27日 (木)

(続)童心に返って(2)

 

閑話放題-86


 

 小さな子や若いママさん達に混じって爺ィも中に入りますヨ。 有料の乗り物で客を寄せる最近のテーマパークとは異なり、ここには乗り物など無い代わりに駐車場や入場料も含めてすべて無料です。 😃

4331_2_001

 

 靴を脱いで中に入ると、一階は可愛い居間で… 👣

4332_2_002

 

 小さな暖炉があります。 👀

4333_2_003

 

 二階へ続く階段を上ると…

4334_2_004

 

 またワクワクする空間があります。 木のぬくもりが優しく裸足で入るのでとても清潔です。

4335_2_005

 

 小さな子しか入れない隠し空間。

4336_2_006

 

 ここにも小さな部屋が…

4337_2_007

 

 子どもだけの特等席です。 😃

4338_2_008

 

 子ども心をくすぐる木の宝箱。 👀

4339_2_009

 

 無邪気な爺ィが外階段を使わないはずがありません。 😃

4340_2_010

 

 天井裏まで階段が続いて…子供の天国ですナ。

4341_2_011

 

 屋根裏近くの窓際には小人のベッド? 👀 🛌

4342_2_012

 

 小人には兄弟がいるんでしょうネ。 😃 👬

4343_2_013

 

 窓から新鮮な空気が入ってきます。

4344_2_014

 

 ステンドグラスの窓から見ると外に何かありますよ。 👀

4345_2_015

 

 このベンチでした。 😃

4346_2_016

 
 

センスの良いデザインじゃ。 (*^-^*)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月24日 (月)

(続)童心に返って(1)

 

閑話放題-85

 西武鉄道の池袋線と新宿線は私にとっての生活交通で、コイツが無ければ殆どどこにも行くことができません。 最近は特急電車をモデルチェンジしたり、テレビでは太鳳ちゃんが秩父のCMに登場したりと、PR活動にもかなり力を入れているようです。

 そんな西武鉄道ですが、実際は乗り継ぎなどに関わる主要駅以外に降り立つ機会はなかなかありません。 飯能駅のひとつ手前の 『元加治(もとかじ)駅』 もそういう駅のひとつですが、今回はこの駅で降りて童心に返れる素敵な場所に向かうことにしました。 👟

 

****************************************************

 

 元加治駅の出入り口は北口ひとつしかありませんが、改札・エレベータ・トイレなどは整備されておりとてもきれいな駅です。 駅から南に2kmほどのところに大きな大学の建物があり、ホームには若い学生たちが目立ちます。 彼らは北口で降りてスクールバスの停留所まで踏切を渡って駅を半周しなければなりません。 若干不便だとは思いますが、10年前まで無人駅だったことを思えばこれで充分改善されたのでしょう。 南口はいずれできるに違いありません。

 

****************************************************

 

 北口を出て線路に沿って少々歩き最も近い踏切を渡って駅の南側に移動します。
 遊歩道を 『入間川』 沿いに歩くこと15分。 本日のお目当ての場所を示す案内板に辿り着きました。 👟

 ここは 『トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園』 です。

4322__001

 

 今年の5月に飯能市に 『ムーミンバレーパーク』 というテーマパークがオープンし再び 『ムーミン』 が注目されているようですが、こちらの施設は20年以上前から開設されている 『元祖日本のムーミン谷』 です。 何でも新しいものに飛びつき長い行列を作るようなおバカな親は、一度子供と一緒にここへ来て子供たちの輝く笑顔を見たほうがよいでしょう。 😃

 

 案内板から坂を上っていくと何やら見えてきました。 👀

4323__002

 

 ユニークな建物ですヨ。 🏠

4324__003

 

 この森一番の呼び物、『きのこの家』 です。 😃

4325__004

 

 いいですねェ。 夢があって。 ステキなデザインです。 🎶

4326__005

 

 外付けの階段や…

4327__006

 

 ステンドグラスの窓。

4328__007

 

 地下に通じるドアなど、爺ィですらワクワクします。 💕

4329__008

 

 中に入れそうですネ。 👣

4330__009

 

 入らないテはないでしょう? 😃

 
 

子供のジャマにならんようにナ。 (^_^;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月21日 (金)

史跡散策国分寺(3)

 

閑話放題-84


 資料館とおたカフェの間を通って続く遊歩道は 『お鷹の道』 と呼ばれています。 この辺りは江戸時代に尾張徳川家の御鷹場(鷹狩場)に指定されていたため、それにちなんで名付けられたそうです。 💡

4312_3_001

 

 この遊歩道の良さは何といっても道沿いを流れる湧き水でしょう。 💧

4313_3_002

 

 このような清水の小川に沿って遊歩道が300m以上続いています。 😃

4314_3_003

 

 きれいで澱みのない水が流れています。 👀

4315_3_004

 

 道沿いに名物の八百屋さんもあります。 😃

4316_3_005

 

 そしてこの白い花…。 👀

4317_3_006

 

 『カラの花(カラー)』 です。 💡

4318_3_007

 

 本来はとっくに時期を過ぎ枯れているんですが、僅かだけけなげに咲いています。 😃

4319_3_008

 

 きっと私が来るのを待っていてくれたのでしょう。 💕

4320_3_009

 

 清々しい気分でこの散策を終了できます。 👣

4321_3_010

 
 

家では何か待っとるかノ? (-.-)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月18日 (火)

史跡散策国分寺(2)

 

閑話放題-83


 

 遺跡に刺激されて国分寺市の史跡をさらに探訪したくなってきました。 武蔵国分寺跡から2、3分歩いて 『武蔵国分寺跡資料館』 に立ち寄ることにします。 👟

4302_2_001

 

 資料館の入り口近くに 『史跡の駅 おたカフェ』 があります。 👀

4303_2_002

 

 おたカフェではトイレを使えるだけでなく資料館の入館券も販売しています。 史跡地域の総合案内所の機能もあり、NPO(特定非営利活動法人)が運営しているそうです。

4304_2_003

 

 おたカフェでチケットを買って資料館に入りましょう。 😃

4305_2_004

 

 当時の七重の塔の復元ミニチュアでしょう。華麗ですねぇ。

4306_2_005

 

 入り口近くに大きなジオラマ。 👀

4307_2_006

 

 出土品が並んでいます。

4308_2_007

 

 さらに古い時代の遺物も出土していますね。 🔍

4309_2_008

 

 こういうのをやらないケースは稀有であります。 😃

4310_2_009

 

 アレ?…どれも同じに感じる…鈍感ですかネ。

4311_2_010

 
 

違いのわかる爺ィになるんじゃゾ。 (~o~)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月15日 (土)

史跡散策国分寺(1)

 

閑話放題-82


 

 JR 『西国分寺駅』 といえば東京の北多摩地区を東西に貫く中央線と、東京の中心から半径約20km圏を環状に廻る武蔵野線の交点に当たる重要な駅なので、毎日多くの乗客がこれを利用しているはずです。 しかし、乗降客は多いものの、この駅の外に降り立つ人は住民や仕事のためにやって来る人を除けばそれほど多くは無いと思います。
 そこで今回はこの西国分寺駅周辺を隙に飽かして徘徊してみることに致しました。

 

************************************************

 

 西国分寺駅南口を出て東に歩くこと5分。 とても広い公園があります。 👟

4292_1_001

 

 『都立武蔵国分寺公園』 です。

4293_1_002

 

 平日なので人も少なくのんびりできる公園です。 今日は曇りですがむしろ涼しくて散歩にはもってこいです。

4294_1_003

 

=================================================

 

 公園を南北に横断し住宅地を道なりに5分ほど歩くと何やら立派な門が見えます。 👀

4295_1_004

 

 歴史を感じさせる門です。 😃

4296_1_005

 

 『国分寺楼門』 です。

4297_1_006

 

 この楼門から南に100mほどブラブラ歩くと 『武蔵国分寺跡』 に辿り着きます。 👟

4298_1_007

 

 聖武天皇の 『国分寺建立の詔』 により全国に多くの国分寺(僧寺、尼寺)七重の塔が建立され町も栄えていましたが、時代の流れとともに衰退・崩壊し全てがすっかり土に埋もれてしまいました。 長い年月ののち、近年になってそれらが発掘され遺跡として保存されているのです。 💡

4299_1_008

 

 これは 『鐘楼』 の遺跡でした。 🏠

4300_1_009

 

 今は柱の位置が示されるのみの 『金堂』 跡。  ✨

4301_1_010

 

 頭(こうべ)を垂れて目を閉じると昔の人の生活が蘇るような気がしませんか?

 
 

近所のオバサンが不思議そうに見ておるゾ。 (~_~;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月12日 (水)

とある普通の日

 

閑話放題-81


 

 公園の入り口には赤い花をたくさんつけた木がありました。 🎄

4282__001

 

 近寄ってみるとちょっと変わった形の花が咲いていました。 この木の名前は頭にしっかりメモしたはずなのですが、帰宅したら忘れていました。 😞

4283__002

 

 今年も木陰が恋しい季節となりました。

4284__003

 

 睡蓮の池に出会いました。 👟

4285__004

 

 睡蓮の花は可憐です。 💕

4286__005

 

 池には外来種として名高いコイツも住んでいました。 👀

4287__006

 

 あっ! カメが睡蓮の葉をムシャムシャ喰ってます。 下のほうに見えるでしょ? 👀

4288__007

 

 「喰うのヤメロー !! 💢 」。 

4289__008

(…小さな子供を驚かせてしまいました 💦 😖 )。

 

 この公園もすでに初夏の装いです。 😃

4290__009

 

 面白い形の花が咲いていました。 この木の名前は頭にしっかりメモしたはずなのですが、帰宅したら忘れていました。 💦

4291__010

 

 ある普通の日の出来事でした。

 
 

毎日が日曜日だもんネ? (^^;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月 9日 (日)

(続) 至福の時

 

閑話放題-80


 

 京成本線に乗って 『青砥(あおと)』 にやって参りました。 めったに訪れないこの地を訪問したのはここに来るためです。 🚄

4273__001

 

 目的はコレ。 ソプラノの森麻季さんのコンサートです。 🎶

4274__002

 

 森麻季さんは美しい透明感のある歌声を持ち、ソプラノの中でも 『コロラトゥーラソプラノ』 というカテゴリーの逸材です。 ピアニストの山岸茂人さんとの息もピッタリで、この日も有名な歌曲やオペラアリアをたくさん演奏したあとに三曲もアンコールに応えてくれました。 本当に歌唱力も容姿も性格も一流の優しく美しい歌手で、私は以前から大ファンなのです。 💕 ❤ 💕

 あぁ、至福の時…。 🎵

 

**************************************************

 

 森麻季さんの美しい歌の感動も冷めやらぬままに帰宅の途につきました。 次の至福の時はコイツです。
 新型特急 『LaView』 に乗るのは今日が初めてです(本来乗るべき電車ではないんですが遠回りになっても乗りたい気持ちは止められません)😃

4275__003

 

  扉が開くのを待つうちにホームから内部をパチリ。 シートは西武カラーの黄色です。 🚄

4276__004

 

 乗車開始です。 今日は運よく先頭車両に乗れました。 😃

4277__005

 

 旧型特急より一両多い八両編成です。 💡

4278__006

 

 軽快に走行。 驚くほど揺れが小さく快適! 🚄

4279__007

 

 コクピットは広く操縦席は一段高いところにあります。 客室との仕切りガラスは操縦席からの操作で一瞬にして曇りガラスに変えることができるそうです。 😃

4280__008

 

 あぁ、至福の時。 あまり早く飯能駅に着かないで~。 💦

4281__009

 
 

楽あれば苦ありというのを忘れてはならんゾ。 (^_^;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月 6日 (木)

道央ってど~よ?(7)

 

遠行雑記-287


 

 旭川、美瑛、富良野と遊び歩き、この旅の最終地となる札幌に着いた頃にはすでに夕刻となってしまいました。 🌙

 まずは有名な時計台に参ります。 でも内部の見学は本日終了です。 😞

4262__001

 

 オッ! 見ているうちにライトが点灯しましたヨ。 💡

4263__002

 

 夜バージョンも良いですね。 😃

4264__003

 

 時計台から徒歩5分でテレビ塔に到着です。 上らぬはずがありません。 👟

4265__004

 

 札幌は大きな町ですネェ。 😃

4266__005

 

 大通公園にも明かりが灯ってきました。 👀

4267__006

 

 何やら二人連れが増えてきました。 💕

4268__007

 

 爺ィはお邪魔なようなので、そろそろジンギスカンでも喰って寝ましょうか。 💤

 

**************************************************

 

 翌朝は早くからホテルを出て札幌の街を歩きだします。 👟

4269__008

 

 ここは札幌中央卸売市場の南にある場外市場です。

4270__009

 

 ここでは朝から新鮮な海の幸の朝食にありつけます。 🍴

4271__010

 

 生ものに合う飲み物が欲しいところですがネ…、もちろんコレで我慢です。

4272__011

 
 

旅は最後まで気を抜いてはならんゾ。 (-_-メ)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2019年6月 3日 (月)

道央ってど~よ?(6)

 

遠行雑記-286


 

 ファーム内をぶらぶら歩いて奥のほうに進むと 『香水の舎(いえ)』 があります。 👣

4253__013

 

 バイクまでラベンダーカラーで…素敵です。 💕

4254__014

 

 ここでは実際にラベンダーの香り成分を抽出しいろいろな製品を製造・販売しています。 これは製造工程にあるきれいな石鹸です。 ガラスの向こうで女性が香水成分の配合のような作業を真剣にやっていますが、お邪魔になるので撮影は控えます。 📷

4255__015

 

 昔の工場のミニチュアのようです。 細かくできてます。 こういうの興味ありますネ。 👀

4256__016

 

 面白そうなものがありますヨ。 💡

4257__017

 

 やらないテはありません。 😃

4258__018

 

 ラベンダーの良い香り付きのオリジナル栞ができました。 🎵

4259__019

 

 建屋の奥に見晴台があってラベンダー畑とともに十勝連峰が見渡せます。 👀

4260__020

 

 トイレと栞のお礼にお土産をたくさん買って帰りましょう。

4261__021

 
 

爺ィ臭を消すんじゃナ? (^^;)

 
にほんブログ村 写真ブログへ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »